沈黙

死神に取り憑かれた何か

無気力人間

感情を言葉に出来ない。吐き出せない。吐き出せる場所が見つけられない。

言葉に出したら違う気がする。違ったら負けな気がする。恥ずかしい気がする。

毎日毎日、他人と視点をずらして、傷に触れないように脳を誤魔化し続けては疲労が溜まるだけ。

こんな現実を見てどう感じてるのか、何を目指したかったのか、何を後悔してるのか、今まで何を考えて生きてきたのか、どうやって答えを出してきたのか、その手段は

何も思い出せない。記憶が無い。生きてきたという実感が無い。

自分が何考えているのかさっぱり分からない。何が正解で何が間違ってるとか、何が好きで何が嫌いとか、自分の思考や決断にいちいち自信が無い。いつもテキトーな理屈をこじつけては曖昧な結論しか出せない。

自力で解決しようともしない。したいけどしたくない。そもそも出来ない。気力がない。全てがだるい。何をしても、誰といても疲れる。

自分の欲望、欲求、感情が分からない。ただ毎日が過ぎていくのを感じては気分が疲弊するだけ。考えてるようでなんも考えていない。頭がどうかしてる。わたしは何もない。空っぽな人間。

こんなわたしをみて可哀想だと思わないでほしい。そんな安い単語で表せるような人間がいたならば、全力で軽蔑してやる。