沈黙

死神に取り憑かれた何か

自己欺瞞

中途半端な努力しかしてこなかった。

そんなの努力と言えるのだろうか?ただ「自分は努力した」と思うことで逃げてるのではないか。全部がただの自己満足ではないか。

なんのために生きてるのかわからない?

そもそも「なんのため」とか、答えが出ないと分かってるような問題ばかり考えて続けている。暇さえあればいつも。思い返せば、物心ついた時から、答えのあるようなないような、そんなくだらないことばかり考えてる。

誰かと目が合う度に、自分の心の中を覗かれているような気がして怖い。

どうしてそんなことが怖いのだろうか。見えるはずのない人の視線が痛いと言ったり、変化が欲しいと言いつつ変化を恐れたり、あるはずもない正解ばかり探している。正解と言うより、ただ言い訳を探してるだけかも知れない。

初対面の人間に、「真面目で」「素直だ」「大人しい」と言われる。

ちっとも嬉しくない。真面目になりたい・素直になりたい・大人しくなりたいと、思うことはある。誰かが見る自分と、私の知る自分が一致したい。人から何かを言われても嬉しさというのを微塵も感じない。

自分自身の心で思えるようになりたい。

そう自分に問いかける。しかし自分が自分を褒めるなんて馬鹿みたいだ。と、捻くねる自分がいる。そもそも、自分とは誰なのだろうか。自分という生き物の真の姿とは何か。どう認識したらよいのだろうか。

日に日に孤独感ばかり深くなっていく。